本みりんを知るー文献を辿る | 九重味淋株式会社

本みりんを知るー文献を辿る

文献を辿る

1593年 文禄二年 『駒井日記』
本みりんの名称が記載された初の文献。「三位法印様(三好常館)蜜淋酎御酒御進上成られるへきの由、御諚の為申上」
1605年 慶長十年 『輝資卿記』
このころから「美醂酒」・「蜜醂酒」・「蜜淋酒」など、様々な文字で表現されるようになる。
1614年 慶長十九年 『鹿苑日録』
現代で最も使われている「味醂」の文字が記載。

1661年 寛永二年 『太閤記』
来訪したキリスト教宣教師たちが、布教活動の際、「みりんちゅう」を日本人にふるまったとの記述。しかし、実際は本みりんではなく、リキュールだったとの説が有力。
1695年 元禄八年 『本朝食鑑』
本みりんの製法が記載。その味覚についても、「惟以酒味甘美如蜜而為珍爾(密のように甘いお酒で珍しい)」と表される。
1713年 正徳三年 『和漢三才図会』
本みりんの製法と共に、「按美淋酎近事多造之其味甚甘而下戸人及婦女子喜飲之」と表され、下戸や婦人に好まれて飲まれていた。
1738年 元文三年
石川家(九重味淋)古文書に「みりん」の記載。
1772年 安永元年
石川家(九重味淋)がみりんの製造を開始「石川家(九重味淋三河みりん」として江戸へ出荷。
1795年 寛政七年
石川家古文書(九重味淋)に「味淋」の記載。

年代別みりん成分

  西暦 麹 歩合(%) 焼酎 歩合(%) エキス 特徴
『本朝食鑑』 1695年 40.0 2400.0 1.2 ほのかに甘い焼酎
『和漢三才図会』 1713年 40.0 240.0 11.8 甘い焼酎
『万金産業袋』 1801年 16.7 120.0 23.6 麹の使用量を少なくして飲みやすくしたタイプ
江戸末期~明治 1860年 30.0 120.0 23.6 甘味飲料 本直しタイプ
昭和初期 1930年 21.4 74.3 38.2 エキスが少ないが味淋タイプ
戦後~現在 1960年 13.7 61.0 46.5  

※現在のようなタイプの本みりんになったのは戦後であり、その後20年ほどの間に急速に一般家庭に普及し始めました。

ページの先頭へ