土鍋で炊くさんまご飯

本みりんレシピ:丼・ご飯もの

土鍋で炊くさんまご飯

3枚おろししたさんまの骨と頭から出汁をとります。

recipe
材料名 4人分
使用量
さんま 3尾
3合
しょうが 10g
ねぎ(白) 10cm
みょうが 1個
<だし>  
800ml
さんまの頭と中骨 3尾分
だし昆布 1枚
ねぎ(白ねぎの青い部分) 5cm
適宜
本みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ2

調理時間 60分

[作り方]
  1. さんまを3枚おろしにして尾は捨てる。
  2. 身に塩を振り、フライパンでこんがり焼く。
  3. 鍋にだし昆布、ねぎを入れ火にかけ、沸騰した時点でさんまの骨と頭を入れ、中火で2分程煮出す。
  4. 3をクッキングペーパーで漉し、600ml量る。
  5. 4に、塩で吸い物より薄い味付けをする。
  6. しょうがをみじん切りにする。
  7. 土鍋に洗った米・2・5・本みりん・しょうゆを入れる。
  8. 強火で加熱し、鍋のふちが泡立った時に極弱火にして7分炊き、火を止める。蒸らし時間は15分。
  9. ねぎは5cmの長さに切り、白髪ねぎに、みょうがは千切りにして水にさらす。
  10. 器に盛りつけ、6・9を飾りできあがり。
ポイント

魚屋さんで3枚おろしにしてもらい、骨と頭ももらってくると、全ての工程がとても楽です。
銀杏等をお好みで盛りつけるとより一層秋らしさが増します。
土鍋で炊くと、お米が一粒一粒おいしく炊けます。

ページの先頭へ