いかの塩辛

本みりんレシピ:魚介料理

いかの塩辛

強めの塩をあてることと本みりんを混ぜることで、生臭みを和らげます。

recipe
材料名 するめいか2杯分
使用量
するめいか(冷凍の船凍いか) 2杯
適宜
20ml
本みりん 小さじ1

調理時間30分(塩漬け、干す時間を除く)

[作り方]
  1. 冷凍船凍いかを袋に入れて流水で半解凍する。
  2. 包丁の刃を外側に向け、いかの軟骨がある部分を切り開き、内臓を丁寧にはずす。
  3. わたについているすみ袋を破らないように気を付けて取り除く。
  4. わた、目、足で切り落とし、更に足から口を押し出して切り落とす。
  5. バットに塩を敷き、わた全体にたっぷりまぶし、竹のざるなどにのせて一晩おく(冷蔵庫)。
  6. いかの身は皮をむき、3~4時間干して水分を抜き、和えるまで冷蔵庫にしまう。
  7. 一晩おいたわたの塩を酒で全て洗い落とし、キッチンペーパーで水気を拭く。
  8. わたに切れ目を入れて、中身を包丁でこそげ取る。
  9. 6を細く切り、8と本みりんと和えてできあがり。げそ、耳は他で調理する。
  10.               
ポイント

いかを干すのは、水分を飛ばし日持ちを良くするためです。
和えて2、3日目には味がまろやかになりおいしくなります。日持ちは1週間です。
げそ、耳はしょうゆで焼くのがおすすめです。
いかに生息するアニサキス(寄生虫)は、マイナス20度以下24時間以上で死滅しますが、家庭用冷凍庫では難しいので、マイナス30度~40度で急速冷凍してある船凍いかの使用をおすすめします。

ページの先頭へ